【世界で働き・生活をする日本人@カナダ ホワイトホース】素晴らしき絶景を紹介するオーロラ案内人

【世界で働き・生活をする日本人@カナダ ホワイトホース】素晴らしき絶景を紹介するオーロラ案内人

ケイさんこと「高山啓(たかやま けい)」さんに出会ったのは、
1人でユーコン川カヌーツアー8日間をしている時であった。
僕は、ツアー後にホワイトホースでゆっくりする予定であったので、

そのまま家でお世話になった。

IMG_2445

彼はカナダに来てからの生活が長い。
1年目は英語学校。
2年目から4年目まで短大で観光/接客業(resort and hotel management)を勉強。
学校に通いながらと5年目から6年目はレストランの皿洗い、サーバー、ハウスキーピングとか接客業関係で下積み積む。
2012年の9月から「Nortern Tales(http://northerntales.ca)」でガイドを始める。

ここで働き始め、2年目から現在まで管理業務のポジションに就き働いている。

IMG_2763*宿泊ホテル+ツアーがやはり人気だ

11831663_10152954185810766_1160688315372229355_n*啓さんに連れて行ってもらったプライベートオーロラ鑑賞

趣味のサッカーや、アウトドアでは、フィッシイング、キャンプ、ハイキング、スノーボード、マウンテンバイク、クライミングなど、ホワイトホースのフィールドを駆け抜けながらカナダライフを送っている。

IMG_2718

現在働いてるツアー会社「Northern Tales」は、オーロラツアーを強みとし、シーズンになると多くの観光客が訪れる、ホワイトホースでは有名なツアー会社。

他にも犬ゾリツアーも開催している。

彼の仕事の内容は、スケジュール、車の手配などの管理業務を中心に働き、たまに自らガイドを勤め、多くの観光客のアテンドをしている。

短大時代にリゾート&ホテルマネージメントを学んだことが、今の仕事に生きているという。

IMG_2653

家から職場までは、自転車で5分ほどの距離。
通常の勤務時間は9〜17時。
仕事が終われば、近くのグランドにサッカーをやりに行く。
僕も参加をさせてもらったが、地元の人達と仲睦まじくやっている姿を見ていると、彼が一目置かれている存在であることが分かる。

休日には、フィッシイングポイントに訪れ、友人達と一緒に魚釣りをしながら、ホワイトホースの短い夏を楽しんでいる。

IMG_1994

冬は太陽が出ている時間も短く、極寒地であるため、外でのアクティビティは極端に少なくなる。

そのためホワイトホースの人々は、夏の間にカヌー、キャンプ、クライミングなど、大自然のフィールドを使いながら、思いっきり遊んでいる。

IMG_2388

啓さんの仕事は、冬が忙しいシーズン。
会社の強みであるオーロラツアーを行い、多い日には1日100名以上の観光客を相手にしている。

それだけの数をこなしているので、オーロラに関しての知識は深い。

シーズン始まると、日中シフトもあれば、夕方シフトもあるという変則勤務時間。

太陽が出ている時間が短いので、作業内容によっては、1日太陽を見ないこともある。

10520822_10152954184790766_6995894871090332003_n

そろそろ夏が終わるホワイトホース。
啓さんにとっては、これから勝負の季節がやってくる。
オーロラを見に行きたい方は、ぜひともホワイトホースの
「Northern Tales(http://northerntales.ca)」へおこしください♪

The following two tabs change content below.

熊谷 賢輔

6年間の商社勤務を経て退社。その後は、自転車で日本一周を実行し、続いてアラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコを距離にして11,000kmを11ヶ月をかけて走破。帰国後は、日本で旅しながら仕事をするワークスタイルを実践中。ひとつの仕事に固執するのではなく、常に新しい価値や出会いを創造していきたい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です