【西アフリカ 新妻奮闘記】フランス語レッスン始動!

【西アフリカ 新妻奮闘記】フランス語レッスン始動!

ぼんじゅーる!

 

ベナン、コトヌーは相変わらず暑い日々が続いています。

 

暑い+湿気に加え、一昨日の夜から今朝未明まで30時間ほど断水が続いてひさびさに「途上国で生活している実感」が湧きました。

 

いやー、停電はまだしも水が出ないとほんとに不便!

 

◆水が出ないとできないこと

 

⑴トイレが流せない(生きていて「便秘でよかった」と思える唯一の瞬間)

 

⑵料理が作れない

 

⑶手が洗えない(ちょっと手がベタベタしたり汚れた時、洗えないと意外と不快)

 

⑷食器が洗えない→どんどんたまる→虫がいっぱいくる

 

⑸お風呂に入れない(ベナン暑いですからね、お忘れなく)

 

ぱっと思いつくのはこのくらいかな。

 

出ない水道の蛇口をつい無意識にひねってしまう時、普段いかに水道に頼って生活しているか痛感しますね。次からは万一に備えてきちんとお水を貯めておきます。

 

さてさて、話がだいぶズレてしまいましたがタイトルのテーマに戻ります。

 

はいっ、私とうとうフランス語を習い始めました!

日本にいた時から旦那さんに「フランス語を勉強してきなさい×100」と言われ続けたにも関わらず、仕事の忙しさを理由にぜーんぜん勉強してこなかった私ー。「言葉なんて実際に現地に行ったら覚えるさ」と高を括っていた私ー。

 

ベナンに来ていざフランス語に囲まれて、家にいる警備員さん(そう、警備員さんがいるのです)やお手伝いさん(そう、お手伝いさんもいるのです)が何を言っているのか全くわからず、ドライバーさん(そう、ドライバーさんもいるのです)にはどこへ行きたいのかすら伝えられず、些細なことでお仕事中の旦那さんに連絡してひどい迷惑をかけました。

中でもショックだったのは、「水すら買えなかったこと」です。ミネラルウォーターを買いにお店に行って…まぁ、ミネラルウォーターなんて見ればわかりますよね、普通。いくつか種類があったので値段と(文字は読めないので)パッケージで選んで2ℓのボトル6本入りを買って抱えて帰ってきたら、なんと塩味のついたお水でした…。重たい水を抱えて帰ってきて、これにはさすがにちょっと落ち込みました。

 

そんな私を見兼ねてか、旦那さんが知り合いからフランス語の先生を探してきてくれました。

 

とっても素敵なフランス人のおばあちゃん先生。フランスで出会ったベナン人のご主人と結婚をしてもう30年以上ベナンに暮らしています。

日本では信じられないかと思いますが、なんと自宅に来てくれてマンツーマンのレッスンをしてくれます。(授業料が日本に比べてとっても安いのはアフリカならでは)

 

1回1時間のレッスンを週に3回。

image

いやー、フランス語本当に難しいっ!!

まず、アルファベットから英語と読み方違いますもんね。動詞も主語によって変わるし、数字は相変わらず難しいし、発音も難しいし、(ご存知の通り辞書もないし…涙)、歳のせいか単語をひとつ覚えると3つは飛んでいく…涙

 

何回も何回も心が折れそうになりながらも(いや、もう何回も折れたけど)、パワフルでおしゃべりでおもしろい先生に励まされながら最近ではようやく買い物ができるようになりました。

 

↓フランス語の先生

image

 

実際に孫もいるし、おばあちゃんと言っていい年齢だけどいつもお化粧をしてお洒落に気を遣っているマダム。とーってもおしゃべりで食べ物の話が大好きなマダム。私もおしゃべりで食べるのが大好きなので、いつもレッスンは脱線しまくりで気付くと単語帳には食べ物に関する言葉ばっかりだけど、コトヌー生活のあれこれやプライベートでも一緒に買い物に連れて行ってくれたり、一緒にお菓子やごはんを作ろうと計画したり、彼女のおかげでとっても楽しくフランス語が勉強できています。

 

 


The following two tabs change content below.

Aiko

1985年生まれ、千葉県出身。 大学卒業後、IT通信企業へ就職。人事部での勤務を経た後退職し、JICA青年海外協力隊としてアフリカ ザンビアにあるコミュニテイスクールで教師+アドミニストレーターとして2年間初等教育活動と学校運営、校舎建設プロジェクトに携わる。 帰国後、日系航空会社に就職。そこでは客室乗務員として国内線、国際線乗務する。 2015年、結婚を機に退職し、同年6月より夫のいる西アフリカ ベナンへ渡る。 新婚生活はアフリカ。フランス語が全く話せない私が行く初めてのフランス語圏、初めての西アフリカでの、てんやわんやのアフリカンライフをお送りします。あまり知られていないベナンのこと、ベナンでの日常生活、アフリカで暮らす専業主婦の赤裸々な悩みなどを紹介できればと思っています。モットーは世界中どこにいても"明るくたのしく元気よく"!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です