「思っている以上に伝わった?初めてのドキドキ新聞取材」

「思っている以上に伝わった?初めてのドキドキ新聞取材」

サンフランシスコにいた時の話。
新しく自転車を購入したお店に、たまたまいたローカル新聞(Berkley Times)記者トッドに取材を受ける。

バークレーにあるカフェで彼と2時間ほど喋りながらのトークタイム。
終わった後に、しっかりと伝わったかな?と思ってたけども、記事を見せてもらったらバッチリだった。

まだま英語レベルは中学生レベルではあるが、真意と記事がニアイコールだったことに満足。自転車が盗まれていなかったら起こらなかった隠れイベントだったことは間違いない。

12662451_1119717798060935_2322987159344295685_n

トッド
貴重な体験をありがとうございました!

補足
ケイさん、ノゾムさん
記者の人がこの写真を欲しがったので、、、、
勝手に写真使っちゃいました(笑)


The following two tabs change content below.

熊谷 賢輔

6年間の商社勤務を経て退社。その後は、自転車で日本一周を実行し、続いてアラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコを距離にして11,000kmを11ヶ月をかけて走破。帰国後は、日本で旅しながら仕事をするワークスタイルを実践中。ひとつの仕事に固執するのではなく、常に新しい価値や出会いを創造していきたい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です