「バークーバーの苦い思い出が再来。あいつは絶対許せない」

「バークーバーの苦い思い出が再来。あいつは絶対許せない」

ロサンゼルスに到着してからは、カウチサーフィンで知り合ったデイ君宅にて3日間お世話になった。
ロサンゼルスキにある見所や、ベトナム、韓国、インド料理などの地元で美味しいと言われるお見せに連れて行ってもらった。
短い期間であったが、刺激的で楽しい時間を過ごした。
この場を借りてお礼をさせてもらう。
デイ君、ありがとう!!

12688258_1120895614609820_8677249972179675822_n

所変わって、今拠点にしているのは北ハリウッドにある「NOHO HOSTEL」。
ドミトリーであるが1週間160ドル(Wi-Fi使い放題)と、ロサンゼルスではまぁまぁ安い。

12669632_1120895874609794_5159809304641371198_n

ある一つのことを除いては大満足なホステルである。
バンクーバーで泊まったバックパッカー宿のような汚く、不潔ではないのだが、その時と同じようにアイツらが出てきた。

トコジラミだ。

分かるかな?

南京虫と言えば、名前は聞いたことがあるかもしれない。

こいつだ↓

12654663_1120895674609814_273529551576663703_n

こいつらのせいで、せっかくのロサンゼルスライフが痒みによって妨害されている。
持ってる寝袋を使って寝たり、シーツを2重にしたり、足先や手先の侵入を防ぐために長袖長ズボンで寝たりもした。

だが全く防げない。

南京虫からの伝染病は確認されていないらしいので、病気の心配は大丈夫だが、、、

痒い。

ただただ痒い。

刺されまくりすぎたために、手、足先が傷だらけ。

12670423_1120895831276465_1891347687580376918_n

さすがにたまらなくなってホステルのオーナーに告げて、スプレー駆除、並びにベッド変更。
さてさて、今夜はグッスリ眠ることができるだろうか。

12670214_1120895694609812_7362501434396743116_n

こいつがいなかったら、本当に快適なんだけどなぁ。
夜寝るのが億劫でした(笑)

皆も海外行ったら気をつけてね♪

そんな憂鬱な気分を変えてくれた場面があった。

1人でテラスでPCいじっていたら、ドミトリーで一緒のモーさんがいきなりバイオリンを持ち出してきた。
どこかに行くのかな?と思っていたら、その場でいきなり演奏を開始。
どんなもんかお手並み拝見!と思った数秒後に絶句。

「・・・・・・・・」

PC作業を止める。
観客は僕一人の贅沢な音楽会。
バイオリンの上手さなど全く分からないが、心地よい音色がテラスに響き渡り僕の心を動かす。
彼がカノンを弾きだした時に、なぜか日本を思い出し、ついつい涙腺が緩んでしまった。

一分と短い時間だけど、音楽の素晴らしさを再認識させてくれたワンシーンだ。


The following two tabs change content below.

熊谷 賢輔

6年間の商社勤務を経て退社。その後は、自転車で日本一周を実行し、続いてアラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコを距離にして11,000kmを11ヶ月をかけて走破。帰国後は、日本で旅しながら仕事をするワークスタイルを実践中。ひとつの仕事に固執するのではなく、常に新しい価値や出会いを創造していきたい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です